箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

少額投資非課税制度「NISA」 タウンレポート 顧客獲得へ戦略さまざま 県西各社の動向を調査

セミナーも始まった(りそな銀行小田原支店)
セミナーも始まった(りそな銀行小田原支店)

 2014年1月に始まる「少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA(ニーサ))」。投資家の囲い込みに向け、各金融機関が独自の戦略を展開している。下郡や小田原市内に拠点を構える銀行や証券会社などにアンケート調査を実施し、動向を探った。

 株式や投資信託で得た利益に税金がかからないNISAだが、1人1口座しか開設することができない。株式の取引は銀行で行えなかったり、投資信託の商品も銀行や証券会社によって異なるため、金融機関選びが難しい。

グループ連携や新商品投入も

 横浜銀行は浜銀TT証券と連携し、投資家のニーズに合わせて株式や投資信託の幅広い商品を提供できるのが強み。同様に、みずほ銀行はみずほ証券と、静岡銀行は静銀ティーエム証券と、三菱UFJモルガン・スタンレー証券はグループ一体となって攻勢をかける。

 新商品投入によって、顧客開拓に挑む企業もある。 静岡中央銀行は、今年4月に投資信託6商品を新たに導入。りそな銀行は順次新商品を開発、三井住友信託銀行は商品ラインナップの充実を推し進めていく。さがみ信用金庫も今後、NISA専用商品を導入していく予定だ。

申込特典付き、「手数料0」も

 制度開始は来年1月からだが、利益が非課税となるNISA口座の開設は今年10月から。一部の企業では、早くも口座開設の申込受付がスタートしている。

 野村證券は、5月30日から7月31日までの申込みで現金2000円がもらえるキャンペーンを実施。ゆうちょ銀行も、9月10日までの申込者を対象にクオカードをプレゼントする企画を、今月10日に開始した。

 ほかにも、スルガ銀行はインターネットで商品を購入する際、申込手数料がかからないなど、戦略はさまざまだ。

 市内では、NISAに関する説明会がこれから続々と開催される。制度概要や各社の情報をしっかり集めておきたい。
 

市内に店舗のある企業にアンケートを実施(5/20〜6/4) 静岡銀行、静岡中央銀行、スルガ銀行、三井住友信託銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、横浜銀行、りそな銀行、さがみ信用金庫、SMBC日興証券、野村證券、浜銀TT証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券  ※順不同
市内に店舗のある企業にアンケートを実施(5/20〜6/4) 静岡銀行、静岡中央銀行、スルガ銀行、三井住友信託銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、横浜銀行、りそな銀行、さがみ信用金庫、SMBC日興証券、野村證券、浜銀TT証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券  ※順不同

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

OH!EXPO21日(土)開幕

「産業」「文化」 地元の魅力体験

OH!EXPO21日(土)開幕

7月20日号

仙石原でUFO探検

ワークショップで制作

仙石原でUFO探検

7月20日号

花で包む八角堂

強羅公園で公開制作

花で包む八角堂

7月20日号

小田原でロケ

NHKドラマ

小田原でロケ

7月20日号

小田原少年院、最後の体育祭

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク