箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

東台福浦小「大きく育って」 ヒラメ5千匹水底へ

5センチほどの稚魚をぽちゃりと放つ
5センチほどの稚魚をぽちゃりと放つ

 東台福浦小学校の4年生児童24人が11日に漁船に乗り、ヒラメの稚魚5千匹を海に放った。学校の地域学習の一環で、今回が初の開催。近くの福浦漁協が栽培漁業の一環として稚魚の放流を始めたこともあり、学校側と意気投合し実現した。海斗丸に乗った児童は湯河原海岸から1Km離れた海でザルを手に次々に放流。水底に消えてゆく稚魚に手を振っていた。参加した松尾佳哉君は「ヌルヌルしてて可愛かった。天然の魚についてもっと調べたい」と笑顔。稚魚が獲れるほど育つのは約2年後で、船員たちは「今度お買いものに行ったら、魚の産地もチェックしてみて」と呼びかけていた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

OH!EXPO21日(土)開幕

「産業」「文化」 地元の魅力体験

OH!EXPO21日(土)開幕

7月20日号

仙石原でUFO探検

ワークショップで制作

仙石原でUFO探検

7月20日号

花で包む八角堂

強羅公園で公開制作

花で包む八角堂

7月20日号

小田原でロケ

NHKドラマ

小田原でロケ

7月20日号

小田原少年院、最後の体育祭

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク