箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

小田原市が大会新 真鶴半島駅伝で約500人駆ける

中学男子・女子の部第1区スタート(お林展望公園)
中学男子・女子の部第1区スタート(お林展望公園)
 第57回真鶴半島駅伝が12日に開催され、88チーム約500人がアップダウンの多い半島を駆け周った。

 28・6Kmを走る1市3町の部(3団体出場)は小田原市が1時間33分2秒の大会新記録で優勝。16チームが出場した一般実業団の部は「すし正」が優勝、高校男子の部(16チーム出場)は相洋高校が連覇した。

 18Kmを走る女子の部(7チーム出場)は横浜市の荏田高校、同距離の中学生の部(30チーム出場)は南足柄市の足柄台中学校が、17チーム出場の中学女子の部は鎌倉市の手広中学校が1位となった。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク