箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

湯河原 「焼亡の舞」特注わらじ完成 雪国生まれの桜沢正敏さん(中央)が手作り

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena
1時間で1人分を編み上げる
1時間で1人分を編み上げる

 4月6日に湯河原町で開催される「土肥祭」で武将姿の出演者が披露する、焼亡の舞(じょうもうのまい)用の手作りわらじ(12人分)が完成した。

 作者の桜沢正敏さん(78)は雪国の新潟県十日町に生まれ、小さい頃からわらじ作りに親しんできた。「靴を履くようになったのは成人の頃かな。それまでは何でも自分で作らなきゃならなかった」。その腕前は学校の先生も愛用するほどだったという。

 現在は城堀会館での布ぞうり教室の指南役。Tシャツを裁断して作ったカラフルなわらじや、裁縫糸で作ったプチわらじが人気だ。7年ほど前から焼亡の舞のためにわらじを作るようになった。専用の編み器具に紐を通し、たぐっては固める作業を繰り返す。通常のわらじは足の指が少しとび出る程度だが、焼亡の舞用わらじは足袋を守るように前方を広げ指は出さない。左右均等に仕上げるのが職人の腕の見せどころ。わらじの出来をチェックしながら「後を継いでくれる人いたらなぁ」と話していた。

こちらは親指サイズのプチわらじ
こちらは親指サイズのプチわらじ

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク