箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

ミュージアムとマスコット誕生 世界ジオに向け足場固め

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena
壁に大型ビジョン、床に箱根の地形図や写真が広がっている
壁に大型ビジョン、床に箱根の地形図や写真が広がっている

 大涌谷で14日、ジオパークのマスコット「はこジ郎」がデビューし「箱根ジオミュージアム」がオープンした。箱根ジオパークは2年後に日本ジオパークの再認定を控えている。その後の世界ジオパーク認定も視野に、新たな啓発の布石が打たれた。

 マスコットは神戸市のイラストレーター・有村綾さんの作品で、命名は380の案から樋口愛子さん(小田原市立大窪小2年)の「はこジ郎」に決まった。大涌谷のくろたまご館1階のミュージアムは、20年ほど前まであった自然科学館の後継施設として、町が総工費1億円で整備した。館長は元観光課長の長田茂氏。

 館内は無料展示ゾーンと有料ゾーンの2つがあり、メインの「大涌谷GEOホール」では火山の成り立ちなどを上映する大画面が出迎える。また旧自然科学館の展示品や町が保管していた標本、温泉供給のために働く人達の道具を展示。地すべりを体験した町内在住者からのインタビュー映像も盛り込んだ。大人300円で子ども200円、土日祝日は子ども無料。

 箱根ジオパークではガイド養成や大型案内板設置などの啓発事業を進めており「地元の協力を得ながらジオパークとして足場を固めている時」(同館)。このミュージアムでも展示品を活用した実演など、ワークショップを計画している。

「はこジ郎」
「はこジ郎」

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク