箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年5月9日号 エリアトップへ

新しく早川河川漁業協同組合の代表理事組合長に就任した 細川 孝さん 箱根町大平台在住 57歳

掲載号:2014年5月9日号

  • LINE
  • hatena

母なる早川とこれからも

 ○…「河川漁業協同組合長」のイメージを裏切る作務衣姿で登場。本職は「旅館の雑用係ですから」と笑う。幼い頃から親しんできた早川の自然を守る団体のトップに立った。釣り好きの叔父の影響で組合に加入してから、かれこれ40年近く。年齢的には先輩も数多くいるが「経験が助けてくれるよ」と、気負う様子はない。

 ○…生まれてからずっと、箱根町大平台が「庭」だ。手ほどきを受け、10歳ころからヤマメ釣りに熱中した。東海大学水産学科では、「平たく言うと、魚の病気を治す勉強」に励み、魚の養殖アルバイトを経験後、小田原魚市場に就職。とにかく魚とは切り離せない人生を歩んできた。7年前に家業の温泉旅館「玉の湯」に戻り、今では掃除にお茶出し、お客さんの話し相手と、なんでもこなす。ひまを見つけては、森の中を探し歩いた素材で、魚をすくうタモ作り。「こんな所に小さな滝があったとか、緑がきれいな季節になったな、とか」自分の足で歩けば歩くほど見つかる早川の自然、魅力が尽きることはない。

 ○…「自然相手に勝とうなんて、絶対に思わない」。随所でこぼれる言葉は、自身が密に関わってきたからこそ。多い時は週に3日、早川へ足を運ぶ。曰く「雨の後の釣りは好条件」。増水した川に流されそうになったことは1度ではない。川の中で、すっぽり空いた穴にハマったこともある。こうした経験を重ね、川との付き合い方を体得した。「母は呆れて、あきらめていたね」と飄々と笑う。今では大学生の息子とも川に出かけるが、「教えるのはヘタなんだよなあ」と照れ臭そうに頬を赤らめた。

 ○…かつては500人いた組合員も、現在では半分強に減った。反比例して増えてきたカワウなどの害獣対策に加え、組合員増強も、今後の課題の一つだ。「組合」という名から、敷居が高いのかと思いきや「釣り好きならどなたでもウェルカムですよ」
 

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク