箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

県議会の最大会派・自民党 向笠県議を議長に推す

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena

 地元足柄下郡選出の向笠茂幸県議(66歳・4期目)が、23日の県議会本会議で107代目の議長に選出される見通しとなった。

 県議会では議長・副議長が1年ごとに替わるのが慣例。県議会(104人)の4割を占める自民党県議団は19日、次の議長候補として向笠議員を、副議長候補として小川久仁子議員(川崎市高津区)を推すと決めた。向笠県議は湯河原町出身で1988年に湯河原町議に当選。町議長などを経て、2001年に県議に初当選した。現在自民党県議団長で建設常任委員。

 これまで1市3町出身の県会議長としては、河野洋平氏の祖父・治平氏(1926年〜28年在任)や、小田原市長も務めた中井一郎氏(1955年〜56年在任)が知られている。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク