箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年5月23日号 エリアトップへ

湯河原と箱根がチャレンジデー参戦5月28日 「歩いて通勤」でも申告OK

掲載号:2014年5月23日号

  • LINE
  • hatena
湯河原の冨田町長は深川市長(右)とパソコン通話でエール交換
湯河原の冨田町長は深川市長(右)とパソコン通話でエール交換

 笹川スポーツ財団(東京都港区)が主催する全国イベント「チャレンジデー2014」に湯河原町と箱根町が初参戦することが決まった。このイベントは5月28日の午前0時〜午後9時までの間に15分以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の「参加率」を競うもので、人口規模が似ている自治体同士が戦う。

 参加者はそれぞれ運動した後、電話やメールなどで実行委員会に申告する仕組みで「運動を意識して、駅まで15分以上歩いて通勤した」「(同様に)犬の散歩に行った」でもよい。集計後負けが判明した場合は、相手自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲げるのがルールだ。

観光客にも参加呼びかけ

 湯河原町(人口2万6726人)が対戦するのは今回で8回目となる北海道深川市(2万2659人)。12日には深川市長=写真右が冨田幸宏湯河原町長とインターネットを通じてエール交換し、「新幹線で通るとオレンジが見える」と特産品の話題で盛り上がった。深川市は前回参加率が55%を超えており、今年は60%が目標。湯河原町は初参加ということもあり目標を40%に決めた。箱根町(1万3169人)は姉妹都市の洞爺湖町(9771人)と対戦。実施時間帯に町内にいれば参加できるとあって、勝利への鍵は観光客への呼びかけだ。「大涌谷を運動を意識して15分以上歩いて観光」でもOKで、当日は55%を目標に、町職員が強羅や湯本駅に立ってPRする。■報告の電話は湯河原町が0465・63・2111 /箱根町は0460・85・0800

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク