箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

新しく神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部の支部長に就任した 高杉 尚男さん 湯河原町土肥在住 56歳

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

秘訣は「何でもやる」

 ○…世代交代を進める支部の先頭に立つ番が回ってきた。執行部には女性や若手を積極的に起用、新風を吹かせる。「円滑な業務の支援のために神経を使っていきたい」と決意を語る。公益社団になって1年。これまで以上に地域貢献に心を砕く。そのためにはまず、自分たちの生業が地域の活力をあげるエンジンであることを自覚する。「土地・不動産が動かないと人も経済も動かない」。自ら言い聞かせるように力を込めた。

 ○…湯河原町のみかん農家の生まれ。就職後、仕事に関係もあることから24歳で不動産免許を取得。その後、大手ハウスメーカーの関連会社の立ち上げに加わった。会社の登記から自分たちでやったことで、経営のイロハを学ぶ貴重な経験となった。当時はまだ珍しかったパソコンを駆使する職場環境に身を置くことで、独立する際の参考となった。

 ○…1994年に独立。時はバブル崩壊後「失われた10年」の真っ只中だった。周りには反対されたが、「不動産は小売業」という持論を展開して勝負したいという欲求が勝った。建築から販売、賃貸まですべて引き受ける。社名「エスシーリビング」のSCは実はショッピングセンターの略。「単科の専門医院もあれば総合診療所もある病院と同じ」。目指したのは何でも揃う不動産屋だった。

 ○…大学生の息子さんの話が出たところで、後継について水を向けると「私はそのつもりだけど、本人はどうだかね」と少し照れ笑い。親子の間では、満更でもない様子で話は進んでいそうだ。多忙な毎日で趣味に興じる時間は限られている中、心と身体をリラックスさせてくれるのが、自宅に作られた鉄道模型・Nゲージの世界。専用の部屋まで作ってしまうほどのはまりよう。「飲んで帰った後に動かすのが最高」と破顔した。ミニチュアの街が少しずつ発展する様子は、未来の県西地域とダブって見えるのだろうか。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク