箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

オープン10年の節目を迎える箱根駅伝ミュージアム 初の女性館長 勝俣真理子さん 仙石原出身 50歳

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena

頑張る人の、もっと近くへ

 ○…心の中でつぶやいた「私でいいんですか?」。箱根駅伝のゴール横、箱根駅伝ミュージアムで初の女性館長に任命されたのが、今から1年前のこと。10年前にミュージアム立ち上げに携わった経験もあったが、当時は母体の富士屋ホテル営業部が職場。驚きと同時に気持ちを切り替え名刺も「館長」に。オープン時に比べて団体の来館者が増えており、年々ミュージアムの名が浸透しているのが分かる。ここは箱根駅伝でつながる人々が、感動を再確認する場所。「お父さんの名前だ」「実は走ってたんです」。選手はもちろん、その子や孫が親の活躍をアーカイブで検索している。箱根駅伝を目指す中高生に出会う日も。「やっぱり女の子のファンが多いですね」とにっこり。

 ○…生まれ育った仙石原は今よりも畑や田んぼが広がり、のどかな風景で、男の子に混ざりザリガニを釣ったり、アケビを獲ってほおばったり。仙石原中学校時代に出会った体育の先生の熱血ぶりに触れ、いつしか進路は「体育」一筋に。球技や投てきなど陸上種目に打ち込み、数々の大会に出場。振り返れば「机の授業は眠すぎる」体育会系女子だった。小田原城内高を経て日本体育大学女子短大に進学。スイミングスクールでのコーチとして働いた後、有名プロゴルフ選手の事務所で実務経験を積むなどして、地元の富士屋ホテルに就職した。

 ○…休日にはサッカーの国際試合に行く事も。「テレビ画面と違って全体の流れや見たい選手が観られる。やっぱり臨場感が違いますよね」。駅伝で母校・日体大が勝てば心の奥底でやっぱり嬉しいが、毎年願うのは「出場選手全員が無事にゴールしてほしい」。秋の出雲駅伝や全日本駅伝をはじめ、記録会にも足を運んで各チームと交流している。テレビに映らない「大勢」に会うためだ。ゴールのそばにいるけれど、目指すは汗をかく人の傍。館長はなかなか椅子に座れない。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク