箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

地元観光協会主催の宝さがしイベント「九頭龍秘宝伝」を中心となって準備した 杉山 寿生さん 元箱根在住 50歳

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena

湖尻の”お宝”案内人

 ○…湖尻は大型レジャー施設や美術館もない場所だが、この秋は親子連れが増えそうだ。地元活性を目指す同志と「九頭龍秘宝伝」を企画した。湖尻に謎と「宝箱」をちりばめたイベントで「子どもたちに来てほしい。楽しかった記憶は大人になっても思い出してくれるはず」と期待をこめる。

 ○…湖畔に生まれ育ち、遊び場も芦ノ湖。昔の湖尻っ子は他の小学生と少し違った。遊覧船で登下校。「クワガタは木から獲るんじゃなく、湖に落ちて浮いたものを拾うんですよ」。アケビを獲って観光客に売った思い出も。思い切り遊んでお腹が減ると、父・秀男さんがキャベツサンドを作ってくれた。

 ○…仙石原中、相洋高校を経て神奈川工科大へ。セラミックを研究し卒業後は大手自動車メーカーのシステム化に関する職場で働いた。硬派な理系男子だったかと思いきや、社内の釣りイベントやゴルフの企画・立案に奔走していたという。10年ほど前、旅館の経営を継ぐため帰郷した。父の背中は見ていたが、ゼロからスタート。掃除から料理まで一から経験を積み、今ではほぼ一人で旅館を切り盛りする”おもてなしのプロフェッショナル”だ。

 ○…ワカサギ漁が解禁すると朝もやの中を漁に出る。真一文字にむすんだ口元をゆるめ「趣味の時が定休日」。海釣りにも出かけ、お手製の塩辛は仲間からも絶品と評判。宝物は父の実家から伝わる年代物の糠床で、手入れは欠かさない。「家の味は絶やさないようにしないと」とつぶやいた。

 ○…受け継いだものを伝える熱意は、郷土愛にも通じているようだ。湖畔の住所はほとんど「箱根町元箱根」だが「箱根町湖尻になったらいいなぁ」と目線を遠くへ。数年前に、仲間を誘って手作り散策マップも作った。「ここはどこより紅葉が美しい。手つかずの浜辺も…」と語らずにはいられない。受け継がれた宝物。そのありかはこの人が一番知っている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

村瀬 公大さん

(公社)小田原青年会議所(JC)第62代理事長に就任した

村瀬 公大さん

湯河原町在住 38歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク