箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

4か国語で誘導も 強羅で帰宅困難者訓練

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
地元自治会や観光協会員などが観光客役となって参加
地元自治会や観光協会員などが観光客役となって参加

 災害時に交通機関が止まった場合を想定した「帰宅困難者訓練」が強羅で21日に開催された。

 訓練は相模湾を震源とした地震を想定し、行政や地元観光協会、旅組、自治会、交通事業関係者など96人がみずから観光客役となって誘導をシミュレーションした。強羅は普段から外国人観光客が多いため、駅職員は英中韓日の4か国語表示板を掲げたほか、一時滞在施設の函嶺白百合学園でも生徒が英語の案内として活躍。体育館に誘導された人々にはアルファ米や水が配られた。

 箱根での一時滞在施設はこれまで旧湯本中や小学校、社会教育センターといった公共施設だったが、県や町では函嶺白百合のような”駅近”の協力施設も増やす方針という。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク