箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

仙石原に春を呼ぶ炎 2ヵ月後は草原

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena
踊るように枯草をのみこむ炎 数分で一面の真っ黒に
踊るように枯草をのみこむ炎 数分で一面の真っ黒に

 箱根湿生花園隣の植生復元区(約1万平方メートル)で13日、新たな草原を作るための火入れが行われた。

 観光協会関係者がバーナで点火した枯れススキは炎となり、大雨のような音を立てながら黒い地面へと変わった。26回目の今年は天候不順で延期されていたが、やっと迎えた本番は「いい出来だった(関係者)」。復元区にはモウセンゴケやトキソウなど小さな植物が生えており、枯草や幼木を取り除く必要がある。刈り取りは地面を踏む圧力がかかるため、焼き払う方が保全に効果的とされる。地面の下はほとんど温度が上がらない。火入れを中止するとかん木が増えて林に変わってしまう。焼け跡は4月下旬に新緑に変わる見込み。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク