箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

40周年を迎えた少年野球チーム・湯河原サンデーズの監督 深澤 貞博さん 湯河原町中央在住 55歳

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

21人の父親がわり

 ○…40年間もの長い歴史のうち、後半20年間指導に携わってきた。我が子が野球を始めたのがきっかけだ。部員は現在21人だが、発足当時は1軍から4軍まであり、相当賑やかだったとか。やはり少子化の波はきつい。「まずは野球を見に来てほしい。キャッチボール一つにしても礼を交わす。色々学べますから」すでに口調は野球の伝道師である。練習をしていると「友達がやってるから」「親に言われて来た」という子が現れる。そんな時、温厚な監督はそっとグローブを手渡す。優しく投げてやった球が、すっぽり入った瞬間が重要で、必ず「ほめる」。人がやる気を出す原理は何年経っても変わらない。

 〇…ミカン農家に育っ。祖父がラジオで試合を聴いていたこともあり、小学生の頃は熱心にコンクリート壁に投げていたという。ところが山北高校に進学すると、放送部のドアを叩いた。当時の夢はアナウンサー。夜は勉強しながらオールナイトニッポンに聴き入ったが「アナになるには声が低すぎる」と夢は断念。専門学校でシステム開発などを学び、就職後は金融関連の業務用コンピュータの保守や開発などに携わる。同じ技術畑を耕しつづけて早30年。普段は新幹線で都内に通っているが、夜は酒の席もあり、目覚めたら乗り過ごして静岡駅、ということも。

 〇…3人の子は独立。少年野球以外の趣味は将棋。相手の数手先を読んでリスクを潰す思考は、仕事にも、試合の采配にも通じている。ベンチの子も全員活躍させての勝利が理想。最高の瞬間は年に1度あるかどうか。監督8年目にして「野球よりも、子どもが好きじゃないとできませんよ」。先月中旬は自宅に一人の女性が着物姿でやって来た。よく見ると昔チームにいた女の子。「晴れ姿を見せに来たんでしょう。感極まって抱きしめてやりたくなった。やりませんでしたけど」。子育ては終わりそうにない。真剣勝負だからこそ楽しく、続くのだろう。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

村瀬 公大さん

(公社)小田原青年会議所(JC)第62代理事長に就任した

村瀬 公大さん

湯河原町在住 38歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク