箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

135号根府川合流部 県警、信号調節に苦心 工事後に渋滞頻発 迫る観光繁忙期

社会

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 土日に大渋滞する国道135号線が、根府川合流部の整備と信号設置により平日にも渋滞するようになった。県警では3回にわたり国道側の青を延ばすなど緩和を図ってきたが、今度は接続する県道740号も渋滞し始めるなど、困難なバランス調整に直面している。

 国道・県道・市道が合流するこの地点では年1〜2回の割合で人身事故が発生しており、3年前に車同士が衝突する死亡事故も発生。県は渋滞緩和や安全性向上を兼ね、7年ほどをかけて整備していた。

 渋滞時は車列が小田原城付近まで続く日もあり、救急搬送で年間600回ほど135号線を往復する湯河原町消防も「すんなり行けた平日昼間も混むようになった」と話す。搬送先までは通常20分程だが、渋滞の脇を抜けようとすると5分〜10分は余計にかかるという。一方、今回の整備により国道から米神の市道には進入できなくなったため、細い住宅街の道を抜け道がわりに走る台数は減った感がある。「元々は交差点を正常化して事故を防ぐための整備。今後早期に関係機関と検討し調整したい」と県警は説明する。来月初旬には圏央道開通で交通量の変化が見込まれるほか、GW、夏休みシーズンと繁忙期は刻々と迫っている。

迂回路になる道31年度部分開通

 渋滞緩和の見込みは立っていないが、小田原〜真鶴〜湯河原間に135号の迂回路として期待される広域農道(小田原市入生田〜湯河原幕山)が建設中だ。全長約17Kmのうち5・4Kmは走れるが、工事で途切れているせいか車はほとんど走っていない。入生田と県道740号線は31年度につながり、全線開通は平成32年より先とみられる。
 

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

吉浜交番が連絡所に

吉浜交番が連絡所に 社会

 署員の安全など考慮 4月に変更

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク