箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年3月13日号 エリアトップへ

湯河原文学賞小説の部は、矢間景太郎さん(東京都) 湯河原舞台のミステリー

文化

掲載号:2015年3月13日号

  • LINE
  • hatena

 【あらすじ】ある日の夕方、湯河原の山あいにある病院へ、一人の男性が救急搬送されてきた。その男性は、万葉公園で倒れたという。名前は岡崎博。40代後半くらいで何日もまともに食事をとらず、衰弱していたところを警察に保護された。保護された際、岡崎は「人を殺してしまった」「許してくれ」と喚き、錯乱状態にあったという。精神科医の川咲は内科医長である磐田からその話を聞き、ひとまずカウンセリングを試みることにした。

 「はい。私が殺したのは、ある文豪でした。」

 翌日、磐田の同席のもと、川咲は岡崎に詳しい話を聞いてみたのだが、いつ、誰を殺したのか、殺人の詳細についてまったく思い出せないという。その一方で、岡崎はある人気作家を殺したと告白した。

 そして自分の誕生日が近づくと、頭に声が聞こえ始め自分をコントロールできなくなるという。今回湯河原を訪れたのもそれが影響しており、気づいらた公園で倒れていたのだった。カウンセリングを終え、川咲と磐田は岡崎の奇妙な告白を整理した。

もし、岡崎が本当にある文豪を殺したとして、それはいったい誰なのか。三島由紀夫、太宰治、川端康成、おおくの文豪を思い出してはみるが、彼らの死亡時期と岡崎の年齢を考えるとどうも不自然だった。

 その翌日、妄想や幻想の原因を確かめるため、川咲は岡崎に催眠療法を行った。深層心理を探ることで何かてがかりを掴むつもりだったのだが、催眠状態の岡崎の口から出たのは完璧な殺人の手口だった。ますます混迷する話に、磐田は岡崎の誕生日が関係しているのではないか、という。岡崎の誕生日、それは昭和の文豪芥川龍之介の命日だった。

 催眠療法を終えしばらくたったころ、岡崎は病室から消えた。川咲は病院の下にある坂で岡崎を見つけるが、まっすぐ前を見つめて歩く姿は別人のようで、川咲はそのまま後を追った。温泉街を抜け、駅を越え、海岸沿いを歩いたかと思えば山に向かい歩き出す。迷いのない足取りを不思議に思いながら、川咲は後を追い続けた。そして、ある場所で歩みを止めた岡崎。

「やっとついた・・・」

そう漏らすと岡崎は涙をうかべ、そして芝生の上に倒れていた。そこは谷崎潤一郎の邸宅であった湘碧山房の前であった。岡崎と谷崎潤一郎の関係とは、そして芥川龍之介殺害の真相とは・・・

 第14回湯河原文学賞「小説の部」の選考結果が27に発表された。最優秀賞は矢間景太郎さん(東京都北区在住)の『昭和文豪殺人事件』。作品は5月22日発売の小説NONに掲載されるほか、矢間さんには賞金50万円が贈られる。応募数は昨年より50作多い162作。一次選考は10作品が通過、最終選考に3作品が残り、うち1作品は伊藤謙治さん(真鶴町)の「女中の着物」だった。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク