箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

災害に備え物資備蓄 赤十字県支部の取組み

社会

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena
支部に展示されている救援物資
支部に展示されている救援物資

 東日本大震災から4年。日本赤十字社神奈川県支部ではいつ災害が起きても対応できるよう救援物資を常時備蓄している。

 救援物資は災害に応じて「毛布」や「緊急セット」、「安眠セット」などが被災者に配られる。緊急セットには食器や携帯ラジオ、懐中電灯等。安眠セットにはマットや枕、耳栓、アイマスクなど避難所でも睡眠が取れるよう配慮されている。

 中区の県支部内の情報プラザでは救援物資の見本を展示。支部では「救援物資は皆さまからの寄付で成り立っています。災害時に何が必要になるか、セットにどんなものが入っているかぜひ見学して頂ければ」と話している。(問)【電話】045・681・2123

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク