箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

SOSに気付く町 真鶴の挑戦

社会

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

県下初の徘徊者捜索訓練

 「行方不明の女性は赤いジャンパー姿、見かけたら連絡を―」 雨の真鶴町で19日、不明者の特徴を伝える声が響いた。町ではありふれた放送だが、今回は認知症の理解を深め、徘徊者のSOSに気付くための捜索訓練だった。

 真鶴の高齢化率は36%。県内(平均22%)の中で最も数字が高い。小田原署によると1市3町では精神疾患や泥酔なども含め、年間430人が行方不明になり、うち170人を高齢者が占めるなど、町全体で徘徊者を見守る環境づくりが欠かせなくなっている。県外の不明者が真鶴で発見されたり、真鶴で行方不明になった人が、北陸で発見されたケースもあるという。

声掛け15件通報は6件

 訓練は町内放送で始まり、3人の町職員は徘徊者に扮して町内3地域をゆっくりとした足取りで歩く。時折、商店街のベンチに座り、店を覗きこむ。これだけの規模の訓練は県内でも初で、小田原保健福祉事務所の提案に町が応じて実現したという。「どうしたの」と近寄ってきた町民には「ありがとうカード」を手渡していった。

 約1時間の訓練で、町役場への通報は6件。終了後の会議では訓練後に分かった課題が挙がった。「普通の恰好で歩いていると、逆に声がかけづらい」「放送を聞いても家の外を気に掛ける人は少ないのでは」。この日は雨で、住宅地を歩く人も少なく、駅前では行き交う車の音に音声がよく聞こえなかった。しかし実際は「雨の日にも行方不明者が出る」(県職員)。

 模擬徘徊の間はバスやタクシー、配達のバイクなどともすれ違ったものの、声かけはなかった。民間企業や町内団体のネットワークを含めて、いかに不明者情報を共有すべきか――。

 町では今回あぶりだされた課題を生かし「ネットワークの枝を増やす」という。

声掛けには「ありがとう」
声掛けには「ありがとう」

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク