箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

早川にアユ約5万匹放流 組合ではカワウ対策も

社会

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
5万7000匹の稚魚が勢いよく放たれた
5万7000匹の稚魚が勢いよく放たれた

 風祭橋下流で4月3日、稚アユの放流が行われた。今回放たれた稚魚は、県内水面種苗生産施設(相模原市)で育てられた5万7000匹(サイズは1匹5〜6cmほど)。

 当日は早川河川漁業協同組合の組合員17人が参加。活きの良い稚魚が組合員らの手で、一斉に川へと放たれた。組合員の内藤衛さんは「(エサとなる)コケの生育もよく、シーズンまでにはかなりよく育つだろう」と話す。

 一方、今年はアユを捕食するカワウが例年より多く観測され、組合ではロケット花火を定期的に射つなど対策を打っているという。

 今後も早川地区の4カ所で4月と6月に計3回放流予定で、稚魚は合わせて23万6000匹に上る。

 細川孝組合長は「今年は釣り人からの要望に応じて、サイズの大きな魚を放流していきたい」と抱負を語った。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク