箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

亡くなる1週間前の筆跡 横浜で展示中 文豪谷崎、湯河原からの葉書

文化

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 湯河原に暮らした文豪・谷崎潤一郎(1886〜1965年)の没後50年にちなんだ「谷崎潤一郎展」が横浜市の神奈川近代文学館で開かれ、湯河原ゆかりの品も展示されている。

 そのひとつが、熱海から湯河原・湘碧山房へ転居した際のお知らせ用地図。「みかん畠」や「自動車は通れません」「上り坂」などの表記もある。同館展示課の野見山陽子さんは「谷崎は海を眺めて暮らすのが好きで、みかんの花を楽しみにしていた。この一枚から色々な事が分かります」。もう一つは死の1週間前に湯河原から出したはがき。春琴堂書店(京都府)所蔵の品で、谷崎が『実存主義辞典』を京都の書店へ注文するために書いたもの。新作の資料だったらしい。谷崎は湯河原で「新々訳源氏物語」や短編随筆の「七九歳の春」「にくまれ口」を執筆、死の直前まで書き続けた。当時は右手の痛みに悩まされていたため字が乱れている。開催は5月24日まで、月曜休館。詳細【電話】045・622・6666。

神奈川近代文学館で展示中
神奈川近代文学館で展示中

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク