箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

強豪・山北高キャプテンも任される 仙石原の新保君インターハイへ

スポーツ

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
約1か月後に向け特訓中(2日・山北町)
約1か月後に向け特訓中(2日・山北町)

ススキ草原でロードワーク

 箱根中出身の新保壮馬君(山北高2年)が、男子ソフトテニスで3年生の関拓真君とペアを組み、ダブルスでインターハイ出場を決めた。来月28日から奈良県で開かれる大会に向け特訓を続けている。

 新保君がラケットを握り始めたのは箱根中に入ってから。もともとバスケットボール部に憧れていたが、兄・春人さんがソフトテニス部に入り、試合に魅せられて白球の世界へ。卒業後、兄を追うように進学したのが強豪の山北高だった。「すべてテニスをやるためです。中学とは”がむしゃら感”が違った。顧問の先生の指導も『ただ勝つのではなく、気迫で勝ち切れ』と」。自宅から高校まではバスと電車を乗り継いで約2時間。テスト期間で部活がオフになってもススキ草原を巡るように走り込むなど、練習にのめり込んでいった。

 しかし1年生の時は地区大会で敗退。その悔しさが今のバネになっている。今年は相方であり先輩でもある関君に技術を伸ばしてもらいながら100人以上の地区大会トーナメントを突破、県大会ではベスト8に。インターハイを決めたのとほぼ同時に、キャプテンも任された。緊張を押し殺すように「歴代の先輩たちは結果を残しています。いつか自分も『山北の新保』と呼ばれるようになりたい」。経験したことのない責任も背負ってか、腕と脚はくっきり筋を浮き立たせている。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク