箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

地殻変動や蒸気など「鈍化」 依然活発、レベル引き下げはまだ先

社会

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
コア会議後の会見(17日)
コア会議後の会見(17日)

 箱根火山防災協議会(コアグループ会議)が17日に小田原合同庁舎で開かれた。会議に加わった県温泉地学研究所や気象庁によると火山活動は「6月に入ってから地殻変動や蒸気などが鈍化した」という。規制中の大涌谷には同研究所の職員が立ち入って蒸気を観察しており、地殻変動データでも4月下旬より動きが少なくなっている事が分かる。

 いっぽう噴火警戒レベルの引き下げや規制解除は水蒸気の量や地震回数、地殻変動が4月以前の状態まで落ち着く事が条件とされる。以前は地震回数が月に20〜30回程度だったが「今は1日だけで20〜30回発生しており、依然として活発な状況」(同研究所)で、いつ頃引下げられるのか見通しは立っていない。

 また会議では気象庁が警報文の中に使っていた「箱根山の火口周辺」という表現を改め、今後の警報では「大涌谷周辺(箱根山)」と表記する事を決めた。これまで同庁には「火口とはどこを指すのか」という問い合わせが寄せられていたという。地元や町は「箱根山」という表現の不使用を求めてきたが、叶わなかった。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク