箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年9月25日号
  • googleplus
  • LINE

湯河原「十五夜の宴」で琴を弾き続ける 二見 道子さん 湯河原町門川在住 73歳

いつまでも主役のために

 ○…湯河原「十五夜の宴」の会場で琴を響かせ早10年。涼風に揺れるススキとともに、会場に欠かせない存在だ。今年は井上陽水の「少年時代」や「月の砂漠」など幅広い年代が楽しめる曲を準備している。実は幕山で開かれる梅の宴などにも出演しているが、あまり名前は知られていない。季節の訪れという主役を引き立てるため、あえて影に徹するかのよう。

 〇…どことなく言葉のイントネーションで分かったが「わたし、大阪のおばちゃんなのよ」。実家は大阪の金型工場。3歳で終戦を迎え、初めて喋った言葉は「ビィ、ニジュウク」だった。贅沢のできない時代に11歳から琴の教室に通い始めた。母・八千代さんが戦時中から我慢していた音楽の夢を託されたらしい。様々な師匠に出会って腕を磨き、21歳で生田流師範に。今では地元イベントをはじめ、大きな琴を抱えて関西まで演奏に出かけている。

 〇…着物姿での演奏はなかなかハード。指を温めたり詩吟の発表会で数時間弾き続ける事も。漢詩を写したノートには注釈がびっしり書き込まれ、抒情を演奏に溶かし込む苦労が窺えた。それでも「でしゃばらないように音を入れさせてもらう」のがこだわり。ある介護施設での演奏が忘れられない。お年寄りが涙し、認知症の人が歌い始めた。周りは止めようとしたが、そのまま歌ってもらった。

 〇…稽古場は湯河原駅近くの自宅。靴脱石の鎮座した玄関には花が生けてあり、戸にはめこまれたガラスが水面のように透け、温泉場のようなレトロ感が漂う。趣味で漬けたという梅干を出してくれた。病身でもある夫・勉司さんのために塩分は控えめ、柔肌のように上品な仕上がりだ。「これを食べたら、もう他のは食べられない」という言葉が嬉しくて仕方ない。箱根の知人の紹介でお見合いし、40年以上前に越してきたのがこの家。木目の浮かんだ柱が、何かを磨き続けた人生を物語っている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

菊原 慶太さん

真鶴町商工会青年部の部長になった

菊原 慶太さん

5月25日号

鈴木 公子さん

5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

鈴木 公子さん

5月11日号

川瀬 良幸さん

4月1日付けで神奈川県県西地域県政総合センターの所長に就任した

川瀬 良幸さん

4月20日号

大貫 誠さん

幅20mの大型ステンドグラス作品の制作に携わった

大貫 誠さん

4月6日号

阿部 剛さん

テレビ番組や地域イベントなどに出演する

阿部 剛さん

3月9日号

森 隆信さん

瀬戸酒造の自家醸造を復活させた

森 隆信さん

3月2日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク