箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

湯河原出身・木部数也さんが企画 「小田原イズム」アリーナへ

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
昨年の小田原イズムではバンド「ソライアオ」のボーカルで出演
昨年の小田原イズムではバンド「ソライアオ」のボーカルで出演

 湯河原出身の木部数也さん(31)が企画立案する音楽イベント「小田原イズム」が26日に小田原アリーナで開催される。

 元々は木部さんが10年ほど前に知人と立ち上げたイベントで、昨年まで会場は小田原市酒匂のライブハウス「姿麗人(しゃれいど)」。5つのバンドグループの競演だったという。それが年に1度に恒例化し、規模も2日間から3日間へと拡大。今回は会場をアリーナへと移し、40以上のバンドが出演するほどに膨らんだ。バンドには県西出身の有名アーティスト「藍坊主(あおぼうず)」のほか、母校・湯河原中学校の美術部員たちも会場内に大型絵画を出品することに。「まさかこんな形で一緒にイベントが作れるとは。いつか自分のCDジャケットなどを描いてもらえたら」と木部さんは話す。

 小さい頃から「超お祭りっ子」で、地域の祭りで太鼓を叩いた。湯河原小・中学校時代は町内にあったツタヤに通い、小室ファミリーのCDを繰り返し聴いていたという。

 小田原高校時代にバンドを始め、2008年に「ソライアオ」を結成、ライブ活動を重ねながら、これまで3枚のアルバムをリリースしている。今回のイベントでは企画者として、また出演アーティストとしての二役をこなす。「音楽の道に進んだので、しっかり結果を残して故郷湯河原に帰りたい。いつか湯河原小でライブがしたいですね」

会場の小田原アリーナ
会場の小田原アリーナ

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク