箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

真鶴でフリーダイビング大会 観客増で見学船も

スポーツ

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
透き通る真鶴の海中と水面の大会風景=久保誠さん撮影
透き通る真鶴の海中と水面の大会風景=久保誠さん撮影

 第16回真鶴フリーダイビングクラシックが12日に半島近く・福浦沖で開催された。ボンベを着けずに潜る深さなどを競う競技で、世界大会金メダリストの岡本美鈴選手も参加した。

 大会はもともと東京フリーダイビング倶楽部の記録会として2000年から始まったもので、今年は19人の選手が参加した。当日は風や波が強まったため岡本さんら数名が潜った後に中止が決まったが、大会を盛り上げる新たな試みも加わった。船からのフリーダイビングは海上の選手しか見えなかったが、今年からは水中カメラで競技をライブ中継。さらに見学船も出航し、応援船で18人が見学する賑わいに。こうした取り組みに町も着目し、今年から名物・本小松石のメダルを優秀選手に贈ることに決め、大会前日に宇賀一章町長も激励に訪れた。この日潜水した岡本さんは先月にキプロスで開かれた世界選手権で90m(フィン付)潜り、見事個人で金メダルを獲得。練習に訪れる真鶴の海について「東京からアクセスがよく、陸近でも水深があるなど条件がいい。(この日は)波風もあったが、海中は驚くほど静かで穏やかだった。15年以上続けられたのは地元関係者の協力のおかげ」と語った。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク