箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

42年発行相豆新聞 今月末、発行にピリオド

経済

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena
題字の揮毫は山口辰生元湯河原消防長による
題字の揮毫は山口辰生元湯河原消防長による

印刷機器の修理等が困難に

 湯河原や真鶴で発行する日刊紙「相豆新聞」が今月末で終了する。2町のスポーツ大会の結果からイベント情報、政治経済など様々な地元ネタを発信し続けて42年。地元紙の代名詞的な存在で、惜しむ声は多い。

 同紙は宮下象二郎社長(70)の父、故・宮下隆寿氏が伊豆毎日新聞から独立し、昭和48年に湯河原で創刊したのが始まり。複数の記者が所属していた時期もあったが、現在は二代目の象二郎社長一人で取材に駆けまわっている。

 紙面は原稿をフイルム化し、さらにアルミ板に写して印刷する「写植」方式。最近の印刷物はパソコンで作られる事がほとんどだが、かつては印刷の最先端だった。原稿の文字列を精密部品のように手作業で紙面に構成する。刷り上がった更紙(ざらし)の紙面は、どこか懐かしさもあり、温泉地湯河原によく似合う。

 発刊終了の「社告」が載ったのは8月。創業以来受け継がれた技術は機器のメンテナンスが難しく、部品が手に入らない。設備更新には多額の費用が必要で、やむを得ない決断だった。今年になり妻・三千子さんが倒れ、他界した事も大きかった。30年以上も経理など事務方として発行を支えた、かけがえのない存在だった。同社にはその後、「なくなったら困る」「ありがとう」と、様々な声が寄せられているという。

 「やっと(終了が)認識されてきたのか皆優しく言葉をかけてくれる。すみません、という事しか言えない。静かに終わりを迎えられたら」。宮下氏によると最終号も普段通りの紙面を作るという。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク