箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

秋葉山で火防祭(ひぶせまつり) 炎で書く13の梵字

文化

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

 板橋の秋葉山量覚院で12月6日に火難除けの火防祭(ひぶせまつり)が行われ、山本倶徳山主(56)が暗闇に炎の梵字を書いた。400年以上受け継がれる「火生祓い」の儀式で、全国から集まった修験者が、真言(=仏教に関する呪文)を唱えながら見守った。合わせて13の梵字は仏などを表し、会場に曼荼羅を成す意味もある。30年以上松明をふるう山本山主によると「心頭滅却して、熱さは感じません。火傷をした事もない」。会場では大量の護摩木も焼き、参拝者が落ち着いた炎の上を無病息災を祈りながら渡り歩いていた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク