箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

9月に選挙、現職宇賀氏が2期目意欲 「耕し続けた4年間、結実させたい」

政治

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena
取材に応える宇賀氏
取材に応える宇賀氏

 9月6日告示、11日投開票の真鶴町長選について、宇賀一章町長(63)が9日に議会で2期目に向けた意欲を表明。地元紙の取材に応えた。22日時点で正式に出馬表明しているのは宇賀氏だけ。

 宇賀氏は当選時に掲げた「オール真鶴」「まず挨拶」「景気倍増」などのキーワードを振りかえり、町内の観光消費額が約11億円(26年度)から約14億円(27年度)に向上した点や、町内の新店舗が増えた点、補助金を獲得して節約し財政調整基金も増やした成果を列挙。「右肩上がりに動いている」と評価した。任期中の4年間で景気指標がどう推移したかは、現在町役場内で取りまとめている。

 2期目の方針についてはまず「未病ロード(駅〜里海BASE〜お林)」の先端にあるお林の保全に触れ「樹木調査とその結果を考慮し、植樹のあり方も変わるかもしれない」とした。 また大きな取り組みとしては町内各地の「グランドデザイン」を挙げた。現在立ち入り禁止になっている亀ヶ崎・内袋観音と三ツ石とを結んだ観光開発や、慢性化している駅前一帯の渋滞解消、岩漁港、真鶴港整備などがこれにあたる。

 少子高齢化対策については「伝統を生かし、新しい知恵や空気を持ってこなければ」と話す。駅前の空き店舗に初の試住施設「くらしかる」をオープンさせたのも人口増の一策だった。移動販売車「おさかな号」の活用やカキ試験養殖など新たな取り組みも継続・展開するという。出馬を決めたのは昨年末ごろ。「荒れ地を耕した4年間。花を咲かせ結実させねば町民に対し失礼だ」と力をこめた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク