箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

招致の熱意知事に聞く 湯河原も小田原もSHONANだ

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

今月12日、県民とのトークイベントのため小田原市の合同庁舎を訪れた黒岩県知事=写真。海の五輪招致の熱意を聞いた。

✿  ✿  ✿  ✿  ✿

記者:湯河原や小田原にもサーフスポットがあるが、湘南へのサーフィン招致の思いを聞かせて頂きたい。

知事:セーリングの江の島誘致は実現した。2020の海の五輪は湘南で、と訴えているが、現実問題として必ずしも良くはない。(1月に)国際サーフィン連盟が千葉と湘南を視察したが、どうも波は千葉の方が…と思ったらしい。ただ我々は「冬と夏の海は違う」と言っている。千葉で観客用の施設を造るのは大変だという声も聞こえる。そういう意味でこちらにはまだ利がある。ネバーギブアップでいく。

記者:湯河原と小田原も湘南なのか。

知事:現在「かながわシープロジェクト」を進めている。湘南という響きは有名でブランド力もある。湘南はどこなんだとも言われるが、そんな論争には終止符を打とう、という事で、SHONAN(※注)という言い方にかえた。Feel・SHONAN、SHONANを感じてもらおうという国際戦略。相模湾であれば全部SHONANというイメージで活動している。

記者:つまり湯河原と小田原も湘南か。

知事:(手を横に動かしながら)SHONAN、SHONANだ。

海の五輪を招致するのに必要なモノ、課題になることは。

知事:まだそこまではいっていない。まずは県に招致することだ。

※前にアクセントを置いて「ショウナン」
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク