箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

1市2町共同し尿処理 施設建設から軌道変更か 熱海市が低コストな下水投入試す

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
斉藤市長(手前)と湯河原町議
斉藤市長(手前)と湯河原町議

 熱海と湯河原(真鶴)が検討する共同し尿処理について、熱海市が当初の施設建設構想ではなく、低コストな下水処理場へのし尿投入を模索し始めた。熱海市の積極的な動きに対し両市町の会議(7日)では湯河原町議から戸惑いの声が上がった。

 湯河原と真鶴のし尿は現在、真鶴港近くの貯留施設に溜められた後、足柄上衛生組合に運ばれて処理されている。熱海市側は大黒崎のし尿処理施設の老朽化という課題を抱えている。こうした事もあり、10年ほど前から処理施設建設構想などが断続的に検討されてきた。昨年になり熱海市側はし尿を通常の下水に混ぜて処理する「葉山方式」をテスト。熱海港近くの下水処理場で2日間投入したが、処理後の放流水にも異常はなく結果は良好だったという。

 こうした動きに対し、7日の広域行政推進協では湯河原の町議が「単独でいってしまうのか」など懸念を表明。熱海側からは「お金のかからない方法を」といった声や、湯河原での下水投入テストを促す意見も出た。湯河原町側は下水処理場(門川)の立地状況などを理由に実験は困難、とした。

 会議ではスタンスの違いが浮き彫りになったが、し尿処理は今後も生活から切り離すことはできず、下水投入は住民感情など乗り越えなければならない壁が多い。両市町間では一層綿密や情報交換と意見のすり合わせが求められそうだ。
 

老朽化する熱海の処理施設
老朽化する熱海の処理施設

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク