箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年8月5日号 エリアトップへ

オブジェの下で誕生 ガラスの森でマガモのヒナ3羽

文化

掲載号:2016年8月5日号

  • LINE
  • hatena
2か月ほどで親鳥と同じサイズに成長する
2か月ほどで親鳥と同じサイズに成長する

 箱根町のガラスの森美術館の池で、今年もマガモの子育てが始まった。

 同館によると5月から池の中央にあるガラスのオブジェ「パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」=写真上の下で卵を温め始め、7月28日に3羽のふ化を確認。現在は親鳥と一緒に池を泳ぐ姿が見られるようになった。オブジェは樹木や毛玉のような形で猫などの外敵が近寄りにくく、毎年この中で抱卵する。「昨年は大涌谷の噴火活動の影響だったのか、ふ化が8月中旬にずれこんだ。今年は例年通り」(同館広報)。

 親鳥と一緒に池を泳いでいるが、成長は早く2か月ほどで親鳥と同じサイズになる。カモの多くは庭園の居心地が良いのか、成長しても飛び立つことなく一年中滞在しているという。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク