箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年8月26日号 エリアトップへ

箱根湯本地域の夏の観光イベントで毎年琵琶を演奏する 水野 賢世さん 箱根町塔之澤・阿弥陀寺住職 73歳

掲載号:2016年8月26日号

  • LINE
  • hatena

出会いを求めて奏でる

 ○…箱根湯本の喧噪も届かない森の中で10年以上、参拝客などに琵琶を弾き続けてきた。バチをとり、「チャン、ギン、トシャン」と譜面を呟きながらかき鳴らす。演奏中は正面を向きながら、その両目は別世界を見ているよう。毎年湯本の夏の行事に出演し、観光客を幻想の世界にいざなう名物和尚としても知られる。

 ○…生まれは平塚市の寺。「お釈迦様」「良寛さん」といった本に囲まれて育ったせいか「人に尽くす坊さんになれ」という父の言葉が目標となった。阿弥陀寺との出会いは運命だったのかもしれない。24歳の時、箱根散策の時に訪れた当時の建物は荒れ果て、本堂の仏像はホコリと雨漏りにさらされ泣いているように見えたという。意を決して掃除に通い、その後住職として後を継ぐことに。

 ○…とはいっても檀家はゼロ。食料やプロパンガスを担ぎ込み、食べてゆくために芸妓衆に習字を教え、托鉢した日々も懐かしい。「小田原の農家の方に野菜を頂いた時は、リュックが重くてね」。寺の屋根修理や参道の整備を重ねるうちに次第に参拝客も檀家も増えていった。睡眠時間が1日4時間となった50代の頃、本堂前で倒れてしまう。

 ○…住職としての仕事を見直さねばならなくなった。ある檀家を訪ねた時に1つの壊れた琵琶と出会った。それを借りて教室に通い始め、レコーダーで師匠の音色を録音しては繰り返した。生活の糧にするつもりだったという。特訓のせいで指が思うように曲がらないが、6年前に日本琵琶楽コンクールで優勝した。

 〇…有名人から出くわした泥棒まで様々な人々に教えを説いたが、数年後にこの地を去るという。次代の住職探しは難航したが、やっと後継が現れた。今準備しているのが湯本の森の「琵琶花御堂」。そこで演奏しながら「人々と出合い、人生の苦楽を語り合いたい」。僧侶としての原点に戻るべく山を下りて再び山の中へ。Ⅴ字の道が待っている。
 

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク