箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

お林近くの橘さん、藍栽培中 摘みたて真鶴ブルー

文化

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena
タンパク質が染まりやすく、爪は真青
タンパク質が染まりやすく、爪は真青

 真鶴のお林近くに住む橘絵美さん(43)が、今年から地場産の藍栽培に挑戦している。葉をミキサーにかけ、ネットで濾してドロドロの緑色の汁を作り、白い絹や綿布を浸けて水洗いすると、緑色から生まれたとは思えない水色に変わる。

 きっかけは知人を通じて知った「古代染め」。今年4月に自宅に種をまき、夏にかけてプランター内や地面など様々な生育条件を試してきた。水や肥料を好むため、頻繁な世話が欠かせない。手間暇のかかる作業だが「藍という植物の魂が別の植物(綿など)のボディに入る感覚」が醍醐味。橘さんの目標は、発酵などの工程が加わる本格的な藍染めだ。「いつかは刺繍用糸や工芸品を包む布などを染めたい」と話している。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク