箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年9月23日号 エリアトップへ

築90年 箱根の民家を再生 アート空間に

文化

掲載号:2016年9月23日号

  • LINE
  • hatena

 この夏、箱根湯本の旧街道近くの住宅街(湯本540-4番地)に、古民家を再生したアート空間がオープンした。車の入れない路地の奥にあり、車に乗っていたらまず気づかない場所だ。老舗温泉旅館を思わせる格子つきの窓から暖色の光がもれ、年季の入った柱や神棚などが出迎える。どれもかつて湯本の”当たり前”だった光景だ。

 名前は「箱根芸術空間・風伯」。運営する信濃光則さん(30)によると、元は木工職人の曾祖父が建てた家で、築90年以上になるという。20年ほど前に祖母が亡くなってからは空家になっていた。信濃さんは20代後半の頃に大磯の私設美術館などに刺激を受け、空家の再生を決意。その後、傾いた基礎を直すなどして7月にオープンにこぎつけた。今月30日までは「すどう美術館」所蔵のコレクションを展示しているが、古いミシン台や扇風機、水面のように光る窓ガラスなど、昭和の名残も見どころ。「どれも祖母が使っていたものばかり。今の状態で、今後も残したい」。空間はギャラリーだけでなく詩の朗読や音楽などの表現活動の舞台にする構想という。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク