箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年11月4日号 エリアトップへ

竹灯りのコンテストで2年連続最優秀作品に選ばれた 木村 弘一さん 湯河原町土肥在住 43歳

掲載号:2016年11月4日号

  • LINE
  • hatena

父譲りの職人魂、竹に灯す

 ○…この秋も湯河原の千歳川に立ち並んだ幻想的な竹灯り。そのデザイン投票で2年連続最優秀作品に選ばれた。多くの作品がドリルの穴で点描するのに対し「他とは違うものを」と、手にしたのは電動ノコギリ。透かし彫りのようにイルカや人魚を「線」で彫りぬき、運営関係者をうならせた。連覇したのに、顔に満足感はない。うつむき加減に「投票会場で色々な声を聞けて良かった。誰かに喜んでもらえたら。たとえ不評でも次への意欲が湧きます」

 ○…湯河原小・中学校を卒業し、沼津の高校に進学。ウェイトリフティングでインターハイに出場したスポーツ少年だった。祖父や父が木工職人だったこともあり大工になったが、季節や天候などで仕事量が大幅に変わるため、流通業界に進路変更した。今は13トンのトラックを駆り、埼玉〜神戸を往復する日々。運転席にはテレビ画面やビデオデッキ、食料などが備え付けられ、夜は座席裏に横たわる。四六時中ハンドルを握るようになったものの、胸中の職人気質は消えていなかった。「実は絵も描くんです」と数枚の紙を取り出した。搬入出の待機中に車内で描いたという鉛筆画は一見するとモノクロ写真だ。

 ○…長旅から帰宅した休日にはスイッチが入る。これまでやっさまつりの花車(第一分団)の彫刻や、ベンチから小さな箸箱、石鹸彫刻まで大小のリクエストに応えてきた。手の込んだ技を教えてくれたのは、父・安行さん。道具の研ぎ方に始まり、木材の置き方ひとつまで「それじゃ木がダメになる」と手厳しかった。昨年のコンテストの優勝作(鳳凰と龍)を見た時は、言葉少ないながらもほめてくれたという。”師匠”は今年4月に他界、今年は作品搬入前に仏壇に線香をあげて念じた。「見ててくれよ」。自宅には祖父と父から受け継いだ古い木工作業場があり、形見のカンナや加工機械はまだまだ現役。漂う木の香りが職人を励ましている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

村瀬 公大さん

(公社)小田原青年会議所(JC)第62代理事長に就任した

村瀬 公大さん

湯河原町在住 38歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク