箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

湯河原や真鶴で月末まで 街角に64の美術館

文化

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena

 個人宅や店に個性的なアートをちりばめた私設美術館による「アート散歩」の会期が今月末までとなった(一部会場除く)。湯河原や真鶴で開催され今年で3回目。陶芸や絵画、写真や立体作品などジャンルも広く、入場無料の敷居の低さが地域内の交流のきっかけにもなっている。

 今年新登場の「スペースSHIZEN〜御召茶〜」=写真左は、福浦港を一望する絶景の会場。オオカミをモチーフにした作品が出迎える。石渡ちふみさん=奥は、都内など様々な場所を転々としながら、環境ごとに違う刺激を糧に創作を続けてきた。「海が近くて穏やかな地。何もなさそうな町こそ面白い」。2年前に真鶴に拠点を移した竹ヶ原真美さん=写真下・右側の「AtelierNORIMAKI」は、真鶴港をとりまく木造住宅のひとつ。2年ほど前に「港や坂がある場所」を探し、出会った理想の物件だった。竹ヶ原さんは北海道で暮らした経験があり、馬をモチーフにした石膏の作品などを展示している。アクセスなど詳細はネットで「湯河原・真鶴アート散歩」で検索を。

生きているように見える作品も=福浦のスペースSHIZEN
生きているように見える作品も=福浦のスペースSHIZEN
真鶴港近くのatelier NORIMAKI
真鶴港近くのatelier NORIMAKI

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク