箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

箱根町事業ごみ 集積所は水色袋で区別へ 排出量も制限、1300事業所に通知

社会

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena
現在は白色袋のみを使用
現在は白色袋のみを使用

 箱根町が事業系のごみを減らすため、町内1300の事業所に対しこのほど説明書類を送った。来年4月からのルール変更を目指し、年末にかけて町内各地で説明会も開く。

 これまで事業系ごみは町内各地のごみ集積所(ステーション)に1日100kgまで出せたが、4月からは1日10kg以下(45リットル2袋)の排出に制限する。少量しかごみを出さない事業所については登録制とし、これまでの白い指定袋に加えて新たに水色の袋を導入。登録ナンバーを袋に記入させ、家庭ごみと一目で区別できるようにする。

 10kg以上排出する事業所は新たに業者経由や持込みで環境センター(芦之湯)に運ぶ事になる。センター持込みも可燃ごみは無料だったが、来年4月からkg10円に、さらに平成30年4月から18円に上げる計画。

登録を受付中

 環境センターで処理されるごみの約8割は事業系という事もあり、町側は企業に対して負担を求めていく姿勢。一方で町は財政難を理由に固定資産税も増税しており、町の屋台骨である宿泊業界からは反発の声も出ていた。4月からの変更を目指して、町はアンケート形式の登録申請を受け付けており、11日時点で町内事業所のうち10%程度が返送してきているという。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク