箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

無許可の民泊、あぶり出し 県が許可施設一覧を公開へ

社会

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena

 看板を出さず無許可で運営する民泊施設を明らかにするため、県がHP上に許可施設の一覧を掲載する方針を明らかにした。6日県議会で高橋延幸県議(下郡)の質問に答えた。

 外国人観光客の増加に合わせ、箱根・湯河原をはじめ県内には一般住宅などを使った「民泊」が増えている。多くがネット上で利用者を募っているが、旅館業法や消防法などをクリアしていない施設が混在しているのが現状。こうした民泊の多くが看板を掲げていないため「不特定多数の旅客が住宅地に出入りする事で地域の不安につながる」という声もある。

 取材に対し、県は今年度一般から情報が寄せられた26の施設を調査した事を明らかにした。うち13件の「民泊」はその後営業を止め、その他は許可を得ていたケースや「たまたま知人を泊めていた」事例だったという。県はネット上で民泊をあっせんするサイトも確認しているが「掲載されている地図や写真が詳細でなかったり、なかなか施設を特定できない」としている。

 現在国は法改正や新法の準備を進めており、近隣トラブルを防ぐため、民泊である旨や苦情連絡先を明示するルールを盛り込む見込み。県は議員の質問に対し「こうした対策が盛り込まれなければ、条例化を検討する」とも答えた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク