箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年1月27日号
  • LINE
  • hatena

まるで塔台

文化

無病息災を祈る参加者
無病息災を祈る参加者
 真鶴・岩海岸で14日にどんど焼きが行われ、塔のようなやぐらが炎に包まれた。

 高さは10mほどで、実行委員会などが地元の竹などを使って組み立てたもの。子どもたちが点火すると5分ほどで火柱となり、岩囃子保存会の「しゃぎり」と競うようにバリバリと音を響かせ、来場者は熱さに顔をしかめながら団子をかざした。縄でやぐらを支えていた八木逸さん(68)は「昔はこれより大きくて、バランスを取りながら地中に沈めるように燃やしたのが懐かしい。最近は長い竹が少なくなった」と話していた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク