箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年1月27日号
  • LINE
  • hatena

強羅のどんど焼き 賽の神も温まる

文化

点火前は竹のほこらに安置
点火前は竹のほこらに安置
 箱根町強羅の東方之光で14日にどんど焼きが行われ、「賽の神」が赤く光るおき火の上で温められた。

 石造りの神像が普段座っているのは箱根美術館前の交差点の角。毎年どんど焼きになると、大小2体のうち小さい神像が会場に運ばれ、竹などで作った小屋に安置される。点火から1時間以上経った頃に、炎の上に移すのが習わし。なぜ温めるようになったのかは分からないが「一年中寒い所にいるから、この日だけは温めてあげるんだ」と話す古老も。どんど焼き奉賛会会長の石川定春さんは会場で配る団子作りを担当。炎の周りではしゃぐ地元っ子を見ながら「昔は子供が中心になって、一晩中やったよなぁ」と懐かしんでいた。

おき火に座る神像を囲んで団子を焼く=14日、強羅・東方之光敷地内
おき火に座る神像を囲んで団子を焼く=14日、強羅・東方之光敷地内

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

分娩対応産院

小田原に4カ所目

分娩対応産院

12月14日号

湯河原でリハーサル

2月9日、豪華列車が初の停車

湯河原でリハーサル

12月14日号

寄木風のエントランス

冬至を前に出荷大忙し

冬至を前に出荷大忙し

吉本芸人たちと会見

人間国宝美術館の山口館主

吉本芸人たちと会見

12月14日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク