箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年1月27日号
  • LINE
  • hatena

3つの窓でパワー感じて ご神木前などに町が設置し「入魂」

文化

入魂の儀式に臨んだ西山宮司と西山桂子権禰宜(右)
入魂の儀式に臨んだ西山宮司と西山桂子権禰宜(右)
 湯河原ゆかりの源頼朝にちなんだ「窓」が町内3ヵ所の「パワースポット」にお目見えした。観光振興の一環で町が設置したもので、頼朝がこの地で旗揚げした由緒を観光客に伝え、SNSでの拡散も目指している。

 「パワーの窓」は昨年6月、町に寄せられた民間事業者の提案をもとに設置が決まった。そのうちの一つが五所神社のご神木。樹齢850年の楠で「かながわの名木100選」にも指定され、頼朝が戦勝祈願したエピソードもある。24日には同神社の西山敦宮司による「入魂」儀式が行われた。同神社のほかに窓が設置されたのは、城願寺境内の柏槙(びゃくしん)。隣の七騎堂には頼朝主従7人の像が祀られており、こちらは信頼や恩義のパワーを感じる場所に位置づけた。3ヵ所目の幕山の幕岩は頼朝が難局を乗り切り、奇跡を起こした「大地のパワー」の地とした。窓には頼朝のイラストをあしらい、由緒を紹介。SNSに撮影画像を投稿してくれた人に対し、駅前の湯河原総合情報センターなどで木製のグッズをプレゼントする構想もあり、観光客による二次的なPRも目指している。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク