箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

国際興業グループのフランス料理コンクールで優勝した 石井 大吾さん 芦ノ湖畔・箱根ホテル勤務 29歳

気配りが料理を美味しくする

 ○…テーマは「黒舌平目」と「国産牛イチボ肉」。ナッツやハーブなど様々な食材を駆使した料理が評価された。4月に昨年の優勝者たちとさらに腕を競い、ここで評価されればフランス研修への道が開ける。「一人の力では優勝はできなかった。先輩のアドバイスのおかげ」とまったく笑顔を見せようとしない。本番前に材料の平目が手に入りにくい時期に重なり、あらゆる助け舟を出してくれた食材業者への感謝を添えた。

 ○…大井高校時代に偶然アルバイトを始めた寿司店が、料理を志すきっかけに。宅配専門店だったが、職場で見たのは「必要とされる」寿司職人たちの後ろ姿。当時は勉強は苦手で「これは武器になる」と直感したという。その後、富士屋ホテル系列のフュージョンダイニングF(小田原駅前)でのアルバイトがきっかけで、名門・宮ノ下の富士屋ホテルに就職が決まった。

 ○…当時の職場はグリルなどもあり、室温は40度近くになった。魚をさばく時は包丁を冷やして扱った。入って驚いたのは、決して食材を無駄にしない職場風土。うっかり捨てていたトマトの芯や魚の骨の部分からも、料理の味を深めるスープがとれる。何よりチームプレーを叩きこまれた。「誰かに指示されなくても、持ってくる。職場で気を配れなければ料理にも気を配れない」。その先輩の一言は今も胸中で溶けずにいる。

 ○…現在独身。家の両親で料理を食べさせたいところだが、普段職場で扱うような料理は準備に時間がかかり、なかなか実現できない。オフの過ごし方を尋ねてみると、ほとんど「オン」だった。仲間と都内に繰り出し、レストランを食べ歩いて味を学ぶ。男同士で食事していると同業者には分かるらしく、優しいシェフに教えを乞う事もしばしば。巷の若者が好きそうな趣味を尋ねても、眉間にしわをよせるばかり。「本屋でフランス料理のレシピをめくる。自己投資ですかね」と表情を緩ませた。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

加藤 好一さん

13日(土)の昼に点火、岩どんど焼き保存会の会長を務める

加藤 好一さん

1月12日号

室伏由美子さん

総務大臣表彰を受けた「湯河原録音奉仕会」で代表を務める

室伏由美子さん

12月15日号

田中 良宏さん

芦ノ湖グリーンカップの実行委員長で県モーターボート連盟会長を務める

田中 良宏さん

12月1日号

小林 良夫さん

ゆがわらハロウィン2017優勝の大型衣装を作った

小林 良夫さん

11月17日号

石村 郁夫さん

ススキ草原の清掃を続ける仙石原温泉旅館組合で組合長を務める

石村 郁夫さん

11月3日号

藤田 直子さん

「インドア・ローイング」の国際大会に日本人でただ一人出場した

藤田 直子さん

10月20日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク