箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

金時山頂にまさかり立つ 登山者の会が箱根町に寄贈

文化

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena
三角点横に建った標識 奥は従来の看板と金時娘の茶屋
三角点横に建った標識 奥は従来の看板と金時娘の茶屋

 4月の連休初日に金時山山頂に登山者有志の手で新たな”まさかり型”標識(高さ180cm)が建った。

 建立したのは「金時山を愛する友の会」。会長で会社役員の三木英明さん(63・大平台)は、5年ほど前から外輪山を登るうち、他の山々にある標識が金時山にはないことに気づいた。その後金太郎茶屋の常連でもある登山仲間たちと「あったらいいね」という話で盛り上がり、標柱を作るための会を結成。有志で資金を出し合い、企業の協力も得て町に寄贈する構想が具体化。行政サイドへの提案を経て設置が決まった。

 ユニークなデザインは三木さんの知人で登山仲間でもある(株)読売広告社(本社・港区)の関係者が手がけ、素材は木と樹脂の再生複合材を使用。三木さんが役員を務めるハンディテクノ(株)(本社・渋谷区)が製作し、茶屋の関係者や他の登山者仲間などが現地の整地など準備に力添えした。

「三角点」の隣神奈川県側に

 金時山の山頂として知られているのは「天下の秀峰金時山」と書かれた白い看板で静岡県側に建っている。県境でもある山頂の三角点はそれよりもやや高い金太郎茶屋の脇にあり、新しい標柱は4mほど隣の神奈川県側に建った。三木さんは「地元の人間は何度も登れるが、初登山の人や子供たちもいる。曇りで景色が見えない時も、新標識で写真撮影を楽しんでもらえたら」と話している。
 

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク