箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

知ってますか”奇跡の集落” 大船渡の「吉浜」題材

社会

防災紙芝居を上演する大船渡出身の横道さん
防災紙芝居を上演する大船渡出身の横道さん

 震災の経験と教訓を伝える「タカタフェスタ」(13・14日熱海市)で、湯河原の吉浜と同じ名の岩手県大船渡市吉浜を題材にした紙芝居が上演された。吉浜村は1896年の三陸大津波で約200人という犠牲者を出した。紙芝居の主人公は大津波で妻と幼い子を亡くし、将来を思って住まいを高所に移す村の決断に頷く。115年後の東日本大震災で吉浜では犠牲者が1人にとどまり「奇跡の集落」と呼ばれるようになった。 実話に基づく紙芝居を上演したのは、大船渡津波伝承館の横道毅さん(47)。一枚一枚絵を引き抜き抜きながら、登場人物の心情を体全体で代弁していた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

歌謡祭満員御礼

湯河原中OBの柳家睦さんら企画湯河原に笑顔を!

歌謡祭満員御礼

5月11日号

小泉元首相が視察

花園見頃に

例年よりも開花早く

花園見頃に

5月11日号

19・20 曽我の傘焼きまつり

「双の掌に小さき象牙の聴診器ぬくめて昭和の女医なりき母」

商店街の一角に登場

小田原城で撤去のメリーカップ

商店街の一角に登場

5月11日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月11日号

お問い合わせ

外部リンク