箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

未病指標作りや人材育成など目標に 「未病」サミット⇒「ME-BYO」サミット 箱根湯本で2年ぶりに開催

社会

 「未病」のシンポジウムが10月20・21日に湯本富士屋ホテルで2年ぶりに開かれ、学識者ら520人が集まった。2年前の開催で掲げた「未病サミット」の看板は「ME-BYOサミット」に一新。商標登録した英文字を冠した。

 同時通訳つきの会場では、アナルフィ・アサモア=バー前WHO事務局次長や元宇宙飛行士の向井千秋氏(現・東京理科大学特任副学長)も登壇した。

 サミットで見据えたのは、団塊の世代が75歳以上になる2025年。社会保障費が膨らみ労働力も減り、財政破たんリスクが高まるとされている。今回は目指すべき未来のため、新しい戦略も発表、疾病リスクや未病の状態などを可視化した「未病指標」づくり、地域の健康づくりのリーダーの育成などを掲げた。

 会見で黒岩知事は「県西は海山や温泉のある戦略的エリアであり未病は観光の核でもある。住民が健康的な生活を送り、ここに来ると元気になるというモデル地域にしたい」と話した。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

「隠れ待機」明らかに

硫黄効果で毛並GOOD

大涌谷にくまモン

硫黄効果で毛並GOOD

1月12日号

6秒刻み大会新

高校男子、湘南工科大付高 真鶴半島駅伝大会

6秒刻み大会新

1月12日号

箱根・富士の地殻データ活用

御殿場市がJAXAと提携

箱根・富士の地殻データ活用

1月12日号

スギ花粉「昨年の5倍」

点火まで準備万端

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク