箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

野菜高値 給食現場は工夫で乗り切る

社会

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
公設青果市場(酒匂)の様子
公設青果市場(酒匂)の様子

 野菜の値段が高い状況が続いている。今週初め、キャベツが小田原市内のチェーン店で1玉400円を超えた。秋の台風で天候不順だったことに加え、年明けからも冷え込み、野菜が育ちにくい状況にあった。例年3月には価格が低くなるが、今年は地元産野菜の流通も遅れる見通し。

 小田原青果市場によると、今年2月中旬の卸値で大根やキャベツ、ほうれん草の卸値(中値)が昨年比の約1・7倍〜2倍程度。キャベツは昨年1kg150〜170円程度だったのが、今年は270円〜324円だった。卸関係者からは「生産者から遅れの声も聞こえる。雨が降って気温が上がらない育たない」「1月の雪が影響している。雪をかぶると傷んでしまう」。

 学校給食の現場では高値の波を創意工夫で乗り切ろうとしている。地元の青果店と提携する箱根中学校は「給食費は値上げできない。先々の献立や食材の情報を早めに業者に送り、確保している」。箱根の森小学校では値段が比較的安定している玉葱や人参、じゃがいもなども積極利用。葉物の一部は質の良い冷凍野菜を探し出し、児童全員に均等に野菜がいきわたるよう以前よりも細かく刻むよう心掛けているという。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク