箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

上野山簡易水道組合が町に統合 地域を50年支えた湧水

文化

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
調印する浅田組合長(左端)
調印する浅田組合長(左端)

 湯河原で約50年の歴史をもつ上野山簡易水道組合(浅田忠男組合長)が、20日に町営水道と統合した。

 オレンジライン近くの水源地(宮上)では今も爽やかな水の音が響き、近隣の30世帯を潤している。この地域ではかつて竹を使って湧水を配っていた。「おいしい水で、お茶用に汲みに来る人もいました。水道管が整備される前は水にカニが入っている事もあった」と浅田さん。父の浅田英暉さん(故人)は初代組合長を務めていた。戦時中に中国で捕虜生活を経験したせいか、復員後は「頂いた命で世の為に恩返ししたい」と語っていたという。こうした思いと地域住民の力が実を結び、昭和42年に簡易水道が発足した。

 給水地域にはJCHO湯河原病院も含まれており、小さな配水設備が多くの命を支えてきた。技術管理担当の伊藤鶴雄さん(85)は施設を守って40年以上になる。「荒天時はすぐ駆け付けます。みんなに濁った水は飲ませられないから」。気が付けば仲間も全員高齢者。年々維持が難しくなり、協議の末に町営水道との統合が決まった。4月1日から一帯の水はアケジ沢水系の表流水に切り替わる。調印式で浅田さんは「寂しいような、ほっとした気持ちです」と語っていた。

組合の水道施設(宮上)
組合の水道施設(宮上)
施設隣の祠
施設隣の祠

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク