箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

目覚めよ土中の春

社会

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
台ヶ岳側に立つ炎と水袋を背負って見守る関係者
台ヶ岳側に立つ炎と水袋を背負って見守る関係者

 箱根のススキ草原(約18ヘクタール)で15日に野焼きが行われた。昔ながらの景観を保つための恒例行事で、29回目になる。

 台ヶ岳の国有林側からバーナーで点火すると、褐色の草原は1時間以上かけて火に囲まれ、最後はジャーと音を立てて燃え尽きた。白い煙が去ると下からは真っ黒い草原が姿を現した。自治会関係者によると昔は屋根材や畜産飼料としても使われ、野焼きの際は肥桶に水を入れ消火したという。

 4月下旬にかけ、土中の種が芽吹き、草原は再び緑色になる。一帯にはシカが繁殖しつつあり、県道75号線から西側は、今後金属製フェンスで囲まれる予定。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク