箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

タケノコ温泉茹で NPO湯河原げんき隊の「収穫祭」

社会

米ぬかをまぶして2時間じっくり茹でる
米ぬかをまぶして2時間じっくり茹でる
 地域資源発掘などをテーマに活動するNPO湯河原げんき隊(神谷一博代表)が、地元のタケノコやジビエを使った収穫祭を4月26日に開いた。前日にはタケノコを茹でる下準備の湯気が立ち上った。用意したのは獲れたて十数本と汲みたての温泉。温泉で茹でるとえぐみが無くなるという。準備を手伝った植田恭正さん(78)=写真は手際よく火をおこし、米ぬかと「甘みが出る」鷹の爪を投入。落とし蓋のスノコをかぶせ、約2時間で茹であがった。

汲みたてを使用
汲みたてを使用

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

残暑お見舞い申し上げます

小田原箱根商工会議所

「地域経済に活力を」 小田原・箱根の企業を応援しています。

http://www.odawara-cci.or.jp/

<PR>

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

外部リンク