箱根・湯河原・真鶴版 エリアトップへ

2018年5月の記事一覧

  • 5月12(土)27(日)熱海海上花火

    5月12(土)27(日)熱海海上花火 文化

     熱海湾で開催。すり鉢状の地形で音が響く迫力の花火。時間は夜8時20分〜45分。6月は3日(日)と17日(日)に打ち上げる。詳しくは熱海温泉ホテル旅館協同組合【...(続きを読む)

    5月11日号

  • 三国峠へ駆け上がれ

    三国峠へ駆け上がれ スポーツ

    箱根ランフェスにのべ3700人

     芦ノ湖畔などで4月21・22日に箱根ランフェスが開かれ、2日間のイベントに約3700人が来場した。富士ビューランサタデー(ハーフ・21Km)では、湖尻水門近く...(続きを読む)

    5月11日号

  • 13の健康遊具めぐり

    13の健康遊具めぐり スポーツ

    仙石原公園に新設

     仙石原文化センター隣の公園に未病の改善を視野に入れた健康遊具13基が新設された。地方創生交付金を活用して整備したもので、平均台や馬跳び用の台、ストレッチ系の器...(続きを読む)

    5月11日号

  • ミャンマーと協定締結

    箱根町と小田原・大磯星槎グループ

    ミャンマーと協定締結 スポーツ

    五輪事前キャンプ誘致

     ミャンマー連邦共和国と県・箱根町・小田原市・大磯町・星槎グループが4月24日に事前キャンプに関する協定を結んだ。ミャンマーと同グループとの交流がきっかけとなっ...(続きを読む)

    5月11日号

  • 歩いてコロコロ ついに集大成

    歩いてコロコロ ついに集大成 文化

    東大院教授ら踏査、湯河原含む登山図

     赤い車輪を転がして湯河原や箱根の山々を実測した「箱根・湯河原登山詳細図」(吉備人出版)がこのほど完成した。地図の作成や解説などを手掛けたのは、東大大学院で超伝...(続きを読む)

    5月11日号

  • 伝えたい鍛冶屋の宝

    伝えたい鍛冶屋の宝 文化

    伝統の鹿島踊り 鍛冶屋地区の五郎神社で4月21日に伝統の鹿島踊りの声が響いた。太鼓や鉦、色とりどりの飾りがついた黄金柄杓、...(続きを読む)

    5月11日号

  • 午前4時半からビラ

    午前4時半からビラ 社会

    「無念晴らす」3年前の事件に合わせ

     湯河原駅近くで発生した女性殺人放火事件から3年が経ち、小田原署員と捜査一課関係者10人が4月20日早朝に駅で情報提供を求め、ビラを配った。3年前の事...(続きを読む)

    5月11日号

  • 5月26日(土)湯かけまつり

    5月26日(土)湯かけまつり 文化

     湯河原温泉一帯で開催。湯かけ神輿は午後7時に不動滝を出発し、沿道から飛び交う湯を浴びながら、8時に観光会館前に到着する。パレードは午後9時半に泉公園に着き、激...(続きを読む)

    5月11日号

  • 海越えボストンへ

    箱根で製作「還り雛」

    海越えボストンへ 社会

     東日本大震災でいまだ行方不明となっている人々に思いを馳せて作られた「還り雛」が、4月29日に米国ボストンで展示された。還り雛は箱根のチーム糸へん・勝手に応縁隊...(続きを読む)

    5月11日号

  • 100kg分のアユ放つ

    湯河原の小学生

    100kg分のアユ放つ 文化

     湯河原の千歳川で、4月26日に地元小学生がアユを放流した。稚魚は観光漁業協同組合が準備した約100kg分で、高橋延幸組合長は「アユの体温は人よりも低い。アユが...(続きを読む)

    5月11日号

  • 構想5年、黒いニンジャ湖へ

    構想5年、黒いニンジャ湖へ 社会

    伊豆箱根、年間3万5千人利用目指す

     伊豆箱根鉄道・バスによる水陸両用車「ニンジャバス」の運行が連休を前にスタートし、招待された地元幼保園児が豪快な水しぶきとクルーズを楽しんだ。車両は43人乗りで...(続きを読む)

    5月11日号

  • 鈴木 公子さん

    5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

    鈴木 公子さん

    湯河原町鍛冶屋在住 71歳

    男も女も関係ない ○…源頼朝を助けた郷土の武将・土肥実平が舞った「焼亡の舞」。これを再現して伝える保存会で40年以上活動し...(続きを読む)

    5月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク